有限会社 芹澤微生物研究所

発酵飼料-卵殻改善剤-鶏処理

営業品目

有機物処理装置の製造・販売

 

HOME»  DMパウダー

DMパウダー

DMパウダー
節足動物であるワクモやダニ等の関節の隙間(約15ミクロン)に、この商品の特徴である微粒子(ピーク値で5ミクロン)が、水分や空気を媒体にして関節に入り込み、生活や歩行に障害を起こさせて最後には歩行困難にしてしまう方法の散布剤です。
火山ガラス質鉱物の粒子が非常に小さく(特許出願中)ので、どの様なダニ類、節足動物にも幅広く効果を発揮します。
物理的処理法なので何回使用しても効果は変わらず、全てに安全で、ダニ類に対して耐性を作らせない処置法です。
原料になる鉱石は日本海内陸部に広く分布する鉱石で、古くから薬石として珍重されてきた青蒙石と非常に酷似した緑色疑灰岩です。
鉱物由来のイオンを交換する働きが麦飯石や石英斑岩等より高く鶏舎、畜舎内部に散布すれば酸化物を還元しますので、消臭効果も期待できます。

DMパウダーは鉱物としての名称で扱われていますが、粘土質の微粒子の泥ですので、散布装置やノズルに優しい資材です。

 

使用方法

DMパウダーを水等に混合し、水和して使用します。
直接ダニ等の節足動物に接触させるように散布し、関節の中に浸み込む様にすれば確実に効果が上がります。

 

使用上の注意点

DMパウダーの材質は泥ですが、水よりも比重が重いので水和した時、時間が経つと沈殿しますのでよく攪拌しながら散布してください。
散布ノズルの口径は2mm位の大きさが適当で、水圧を低くしてまんべんなく散布箇所全体が水溶液で浸されるように散布して下さい。

 

使用上のポイント

ワクモやダニ等に直接接触するように散布してください。
食品添加物のグアガムを増粘材として混合使用していますので、散布した溶液が、吊り金具やケージ等の隙間に付着するように工夫して下さい。
他の溶剤や薬剤との混合使用も可能です。

 

安全性

DMパウダーの成分分析(秋田県分析科学センター)により、製品の有害性は認められません。
環境影響には、特に負の影響を与える物質はありません。

 

希釈倍数

希釈倍数:200倍
包装荷姿:1kg×10袋/ケース
定価:3000円×1kg×10袋

 

十和田石の電子顕微鏡写真

十和田石の電子顕微鏡写真