有限会社 芹澤微生物研究所

発酵飼料-卵殻改善剤-鶏処理

営業品目

有機物処理装置の製造・販売

 

HOME»  会社案内

会社案内

ご挨拶

現在、様々な生物系資源・・・生ごみ、食品加工残渣、農林畜産残渣といった大量の生物系廃棄物が、焼却あるいは埋立により処分され、地球環境への負荷を増大させています。

弊社ではこれらの資源を醗酵というバイオ技術により、堆肥化・飼料化することにより再び大地に返すための処理機器を製造・販売しております。

このかけがえのない地球という故郷を守る手助けをして行きたいと存じます。

 

会社概要

社名 有限会社 芹澤微生物研究所
代表 芹澤 順三郎
所在地 〒428-0414
静岡県榛原郡川根本町東藤川1360
TEL 0547-59-3304
FAX 0547-59-2339
URL http://www.serizawa-biken.com
MAIL info@serizawa-biken.com
営業品目 有機物処理装置製造
有機物収集
取引委託業
資本金 300万円
設立年月日 平成9年9月
従業員 8名
取引先銀行 島田信用金庫・千頭支店

 

沿革

私たち有限会社 芹澤微生物研究所(以下芹澤微研)は、創立当初、畜産界での微生物メーカーでした。
現在も創立当初と同様に多くの畜産家に使用されています。

・1997年、創立者:芹澤順三郎によって、独自の製造を施した微生物資材『B-101』を開発。
その微生物の力を利用して有機物の分解に挑み有機物分解システムとして1998年に生ごみ分解処理装置を開発。
この成果が認められ、1999年から2001年の3ヶ年計画で静岡県浜松市天竜区龍山町の全世帯(約430世帯)へ家庭用生ゴミ処理装置、各1台を設置させて頂く事になりました。

・2002年、生ゴミ処理装置生ゴミ処理装置の知識を応用し畜産廃棄物処理として廃鶏処理装置を開発し、畜産業界で本格的に使用され始めました。

・2004年、有機物高速堆肥化装置を開発。養鶏家の大きな悩みであった鶏糞処理を画期的に改善することに成功。

・近年では有機物再生装置を開発。

・今年で処理装置を販売し10年目に入りました。私たち芹澤微研では、これまで培ってきた知識を皆様のお力になれるよう、日々、製造、新規開発に務めております。

 

アクセスマップ


大きな地図で見る

 

〒428-0414
静岡県榛原郡川根本町東藤川1360
TEL:0547-59-3304 FAX:0547-59-2339

お越しの際にはお車をご利用下さい。